浸透型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)の効果

アプレシエ』と呼ばれる「浸透型ビタミンC誘導体APPS)」は、従来のビタミンC誘導体と比較して浸透性が非常に高い成分です。

抗酸化作用の他にも様々な美肌効果のある非常に優秀なビタミンC誘導体です。

一般的にビタミンC誘導体と呼ばれる成分は「水溶性」と「油溶性」の2種類に分けられます。

APPS(アプレシエ)は「水溶性」と「油溶性」両方の性質を併せ持つことから『浸透型』と呼ばれます。

従来のビタミンC誘導体と比べて100倍以上の浸透力だと言われています。

  • 美白効果
  • コラーゲン生成促進作用
  • 活性酸素除去作用
  • 保湿作用
  • 抗老化作用
  • 皮脂分泌抑制作用

美容に欠かせない様々な効果がある非常に優秀な成分です。

化粧品の成分表示には「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」と記載されます。

成分表示名称:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na
推奨配合濃度:1%~2%

「水溶性」と「油溶性」の特徴を併せ持つ『浸透型』

水溶性のビタミンC誘導体は、皮膚の表面表皮)で効果を発揮することができる成分。

名前の通り「水に溶けやすいビタミンC誘導体」です。

主に化粧水ローションに配合されるのが一般的なビタミンC誘導体です。

肌のバリアによって水溶性の成分は、真皮へ浸透することができません。

油溶性のビタミンC誘導体は、表皮を通り抜け、真皮へ浸透し効果を発揮する成分。

主にジェルクリームに配合されます。

角質層まで届く浸透力

水溶性・油溶性の特徴を持つ浸透型は、肌に大切なビタミンCを角質層まで浸透させます。

真皮からコラーゲン生成・ターンオーバーを促し肌の奥からメラニンを排出させるので、シワ・ハリ対策のエイジングケア成分として注目されています。

また、メラニンに直接働きかける作用もあり、シミ・くすみを防ぐ美白効果もあります。

APPS(アプレシエ)の安全性

APPSは肌への刺激が低く、安全性が高いことも特徴です。

水溶性ビタミンC誘導体は刺激が強く、肌が弱い人はヒリヒリしたり、赤みが出る場合もあります。

APPSは刺激性が低いので、敏感肌・乾燥肌・ニキビ肌の人にもおすすめなビタミンC誘導体です。

浸透型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)配合製品
タイトルとURLをコピーしました