【テクニックまとめ】正しいスキンケア手順と効果を最大化する方法

並んでいるスキンケア用品

美肌の為に毎日行っているスキンケア。

化粧品にお金を使い、日々の時間も削っているのですから、どうせなら効果がより高い方がモチベも上がりますよね?

スキンケアを行う際のポイントやテクニックを簡潔にまとめました。

ちょっとしたことでスキンケア効果が大きく向上するかもしれません。

スキンケアの順番と役割

色々な化粧品

  1. クレンジング/洗顔
  2. (ブースター)
  3. 化粧水
  4. 美容液
  5. 乳液
  6. (スペシャルケアクリーム)

スキンケアは基本的にこの手順で行います。

( )にしたブースターとクリームは必須ではありません。

スキンケアの役割

ただなんとなく使っていませんか?

スキンケアの役割を今一度再確認してみましょう。

洗顔/クレンジング

余分な皮脂と汚れを落とします。

メイク落としで落としきれなかった汚れの為にもクレンジングは重要なスキンケアです。

導入液/ブースター

表皮を整えることで、化粧品を浸透しやすく役割があります。

ただ、化粧水にも表皮を整える効果があるので必須ではありません。

化粧水/トナー

肌に潤いを与えます。

また、表皮を整える役割もあります。

美容液/エッセンス

「ハリ・弾力」「美白」など、テーマに沿った集中ケアを行います。

肌の悩みに合わせて選びます。

乳液/エマルジョン

油分の多いクリームでスキンケア後の肌を包みます。

潤いと美容成分を閉じ込める役割です。

スペシャルケア

「しみ」「にきび」「くすみ」など、特定の悩みがある場合に使用します。

必須ではありませんが、目立つ悩みがある場合は実践したいスキンケアです。

スキンケアの順番と役割まとめ

    1. クレンジング
      肌の汚れを落とす
    2. 化粧水
      肌を保湿し、表皮を整える
    3. 美容液
      美容成分で肌をケア
    4. 乳液
      潤いと美容成分を閉じ込める
    5. スペシャルケア
      ピンポイントな悩みを改善

スキンケア化粧品にはそれぞれ明確な役割があります。

順番と役割を理解することで、スキンケアの方法や選び方が変わってくるかもしれません。

より効果を得る為のスキンケア方法

化粧品を使っている様子
スキンケアの方法次第で効果が変わってくるかもしれません。

また間違ったやり方をしていると、肌を痛め続けることにもなりかねません。

スキンケアの注意点や、効果を最大化するテクニックを紹介します。

どの工程においても絶対”こすらない”

絶対にしてはいけないのが”こする”こと。

特に注意したいのがクレンジングと化粧水のタイミング。

  • クレンジングはよく泡立て、泡で優しく洗う
  • 化粧水はコットンではなく手でそっと注ぐ

美容液や乳液でも同じです。

擦り込むように肌に塗り込むのはNG。

表皮を痛め肌トラブルになりかねないので絶対にやめましょう。

また力の入れ過ぎにも注意が必要。

皮膚が伸び、シワやたるみの原因となってしまいます。

忘れずハンドプレスは行うこと

ハンドプレスとは化粧品を塗ったあと、手でギュッと肌を抑えること。

化粧品を肌にしっかり密着させることで、化粧品が肌へ浸透しやすくします。

強過ぎる力や、こすってしまわないように抑えましょう。

手の上で少し温める

美容液などを塗る前、手で少し化粧品を温めます。

化粧品を体温に近づけることで、より肌に浸透しやすくします。

化粧品を塗ったあとは少し時間を置く

慌てて次々とスキンケアを進めていませんか?

化粧品を塗ったあとは少し時間を置きます。

化粧品が浸透・吸収されるのを待ちます。

まだ乾いていないのに次のスキンケアへ進んでしまうと、肌上で化粧品が混ざってしまいます。

化粧品がまだらに塗られてしまうので、本来の美容効果が得られなくなります。

特にスペシャルケアクリームを使用する直前は重要です。

ハンドプレス後は少し時間を置き、乾いてから次のスキンケアへ進みましょう。

タイトルとURLをコピーしました