【VIO・バストトップ黒ずみ対策】デリケートゾーンのホワイトケア

VIO・バストトップ。純度が違う、本物の実感。デリケートゾーンのホワイトケアに。

VIOやバストトップの黒ずみ

黒色化の原因を知り、適切なスキンケアを行うことで改善できるかもしれません。

デリケートゾーンのホワイトケア化粧品には美白力低刺激が求められます。

デリケートゾーンのホワイトケアにおすすめなクリーム

 

デリケートゾーン黒ずみの原因
紫外線に当たらないのになぜ?

顔にできるシミくすみ

原因は主に「紫外線ダメージによるメラニンの過剰生成」と言われます。

バストトップやVIOなどのデリケートゾーンは基本的に隠れているので、紫外線ダメージは少ないように思えます。

ではなぜデリケートゾーンの黒ずみに悩む人が多いのでしょうか?

バストトップやVIOのメラニン生成には別の原因があります。
デリケートゾーン黒ずみの原因。改善には適切なスキンケアを

デリケートゾーンは角質層が薄い

バストトップやVIOなどのデリケートゾーンは、皮膚の角質層が薄い部分です。

その為、皮膚のバリア機能が低く、水分の保持力も弱くなっています

デリケートゾーンのスキンケアは、ダメージケアと保湿が重要です。

「こすれ」が多い

デリケートゾーンは生活の中で「こすれ」が頻発する場所でもあります。

下着の摩擦による「こすれ」や、身体を動かすことによって起こる「こすれ」。

元々バリア機能が弱いので、ダメージを受けやすい場所なのです。

入浴後の激しいタオルドライも「こすれ」の大きな原因となります。

「蒸れ」が多い

デリケートゾーンは蒸れやすい場所でもあります。

下着・肌着が密着していて、通気性が悪い場所です。

特に使い捨ての生理用品は蒸れやすい原料のものが多く、「蒸れ」か「かぶれ」の原因にもなります。

なので陰部は特にかぶれやすく、黒ずみの原因になります。

脱毛・除毛の刺激

デリケートゾーンの脱毛・除毛をしている人は少なくありません。

除毛をする時の「刺激」も黒ずみの原因となります。

肌は紫外線ダメージだけでなく、物理的な刺激でもメラニンを生成します。

除毛行為は肌に大きな刺激を与えています。

刺激による過剰なメラニン生成により、黒ずみを引き起こしていることも考えられます。

出産後の黒ずみ

出産後に黒ずむ女性は多くいます。

元々デリケートゾーンはメラニン色素が多く存在している場所です。

出産による女性ホルモンの増加が、メラニン色素がさらに増やす要因となります。

デリケートゾーンケアに必要な成分が詰まったおすすめクリーム

 

デリケートゾーンの適切なスキンケア

黒ずみを改善するには適切なスキンケアを行いましょう。

デリケートゾーンはターンオーバーサイクルが長い

肌はターンオーバーにより新しく生まれ変わっていきます。

通常の肌のターンオーバーサイクルは、約1ヵ月程度だと言われています。

ですがVIO・バストトップなどのデリケートゾーンは約3ヵ月程度のターンオーバーサイクルです。

他の部分の肌と比較すると、ターンオーバーサイクルは長めです。

なので長期的なスキンケアを行う必要があることを覚えておきましょう。

美白だけでなく、保湿とケアも

デリケートゾーンは角質層が薄い為、潤いを留めにくい皮膚です。

デリケートゾーンのスキンケアには保湿も重要。

保湿・整肌成分がしっかり配合された製品を使用しましょう。

顔と同様、総合的なスキンケアが必要です。

デリケートゾーンのホワイトケアにおすすめ
必要な要素”オールイン”の美白クリーム

VIOやバストトップのホワイトケアに重要

  • ホワイトケアの美白力
  • 角質層への浸透力
  • 安全な低刺激性
  • しっかり潤う保湿力
  • ダメージケアする美容成分

VIO・バストトップの黒ずみに効く
ホワイトTSPクリーム

美容成分20種類+美白成分3種類。デリケートゾーンのスキンケアに必要な要素オールインの美白クリーム。

  • ハイドロキノン2,100倍の美白成分シムホワイト377が最高濃度
  • 強力な美白成分3種類
  • 刺激性の強い成分は不使用
  • 保湿成分7種類
  • 整肌成分12種類
  • デリケートゾーンのスキンケアはコレ1本

 

タイトルとURLをコピーしました